バッテリー(電池)が長持ちするデジタル腕時計は?曜日を日本語表示できるのは?

腕時計に関してですが、子供や学生の頃は、デジタル腕時計を使っていたが、社会人になってからは、アナログ式やコンビネーションタイプに変えたという人も多いかと思います。

私の周りでは、そういう人が多いです。

社会人になって、自分で使えるお金が増えるとブランド物の高価なアナログ式の腕時計をつけている人が、私の周りでは多いです。確かにカッコいいと思います!

ただ、私は、根っからのデジタル時計派で、子供の頃も社会人になってからもデジタル腕時計を使っています。

以前、カシオのGショックが、大ブームになってから、大人でもデジタル腕時計をする人が少し増えた気がしますが(笑)

私が、デジタル時計が好きな理由は、単純明快で、すぐに正確な時間がわかるからです。それに尽きます!

最近のデジタル腕時計の駆動方式には、主に、電池式とソーラー式がありますが、基本的にどちらも駆動方式は、クォーツとなります!

そのため、今回の記事では、区別しやすくするために、

●電池式→クォーツ(電池)式
●ソーラー電源式→ソーラー式
と、本文の中で記述しています

今回の記事の主な内容は以下の通りです!

●バッテリーの長持ちするクォーツ(電池)式デジタル腕時計は?

●ソーラー式とクォーツ(電池)式では、どちらが、おすすめか?

●ソーラー式で電池切れが起きた場合は?

ソーラー式デジタル腕時計の充電器があると便利!?

●メーカー品で、できるだけリーズナブルな電波ソーラー式デジタル腕時計はどれか?
※時計の紹介欄に、リーズナブルな電波ソーラーと表記しています

●曜日を日本語表示できるデジタル腕時計

今回の記事の目次

バッテリー(電池)が長持ちするデジタル腕時計は?

結論から言うと、バッテリー(電池)が長持ちするデジタル腕時計は、どれか?と、問われても一概には、答えることができません。

もちろん、デジタル腕時計の中でも、比較的、電池の寿命が長い製品はあります。しかし、その人の使い方次第で、バッテリー(電池)の寿命が大きく違ってきます。

極端な話ですが、3年は電池が持つ電池が内蔵されたデジタル腕時計でも、工場から出荷されて、長い間、店頭で売れ残っていた場合、購入して1年も経たずに、電池切れになる場合もありえます。

実際、これに関しては、私は、何度か経験しています。

ちなみに、デジタル腕時計で、最も電池を消耗する行為のひとつは、ライトをつけることです。

暗い場所で、よくライトをつけて時刻を確認する方は、ライトをほとんど使わない方より、電池の寿命がかなり早くなります。

これに関しても、私自身、何度も経験しています。

そのため、少しでもデジタル腕時計の電池を長持ちさせたいなら、ライトを使う回数を減らした方がよいでしょう!

デジタル腕時計のクォーツ(電池)式で長持ちするタイプ

有名なところでは、カシオの「電池寿命約10年」タイプのデジタル腕時計があります!

通常のデジタル腕時計の中では、比較的電池が長持ちするタイプです!

※ただし、いくら比較的電池が長持ちするタイプでも、使い方次第では、電池の寿命が大きく変わることがあります。

全般的な特徴として、

主にカシオのスタンダードタイプの腕時計に多く使用されています。そのため、価格がかなりリーズナブルになっています。

とにかく、手頃な価格でデジタル腕時計を購入したい方に向いている商品といえるのではないでしょうか。

※以下で紹介しているカシオのスタンダードタイプなどは、価格がリーズナブルなので品薄になる可能性があります。


カシオ 腕時計 スタンダード W-96H-1AJF ブラック

商品説明

●時計の駆動方式:クォーツ(電池)
●バンドの材質:ウレタン・ラバー系
※樹脂系バンドのため、基本的にバンド調整の必要がなく、すぐに使えます。

●ストップウオッチ 付き。

●マルチアラーム(スヌーズ機能付き) 搭載
日付などを指定して、時刻アラームを鳴らすことができます。

●防水機能:日常生活用強化防水:5BAR(5気圧防水)

●電池寿命:約10年

※使い方により電池寿命が、大きく違ってくる場合もあります。


カシオ 腕時計 スタンダード W-735H-1AJF ブラック

商品説明

●時計の駆動方式:クォーツ(電池)
●バンドの材質:ウレタン・ラバー系
※樹脂系バンドのため、基本的にバンド調整の必要がなく、すぐに使えます。

●バイブレーション機能搭載
タイマー報知、時刻アラーム、時報を振動で知らせてくれます。
バイブレーション機能をONにすると操作音は鳴らなくなります。

●ストップウオッチ、タイマー、時刻アラーム 機能搭載

●防水機能:日常生活用強化防水:10BAR(10気圧防水)

●電池寿命:約10年

※使い方により電池寿命が、大きく違ってくる場合もあります。


カシオ 腕時計 スタンダード LW-203-8AJF レディース グレー

商品説明

●レディースタイプです

●時計の駆動方式:クォーツ(電池)
●バンドの材質:ウレタン・ラバー系
※樹脂バンドのため、基本的にバンド調整の必要がなくすぐに使えます。

●ストップウオッチ機能搭載

●時刻アラーム・時報、機能搭載

●ストップウオッチ、タイマー、時刻アラーム 機能搭載

●防水機能:日常生活用強化防水:5BAR(5気圧防水)

●電池寿命:約10年

※使い方により電池寿命が、大きく違ってくる場合もあります。


カシオ 腕時計 データバンク DB-36-1AJF ブラック

商品説明

●時計の駆動方式:クォーツ(電池)
●バンドの材質:ウレタン・ラバー系
※樹脂系バンドのため、基本的にバンド調整の必要がなく、すぐに使えます。

「テレメモ」機能搭載:電話番号を最大30件メモリー

●ストップウオッチ、タイマー、アラーム機能搭載

●防水機能:日常生活用強化防水:5BAR(5気圧防水)

●電池寿命:約10年

※使い方により電池寿命が、大きく違ってくる場合もあります。


しかし、以下のような疑問を抱く人もいると思います!

●クォーツ(電池)式より太陽光などで充電できるソーラー式の方が、長持ちするのでは?

●電池が1、2年で切れても電池を交換すれば、長く使えるのでは?

次の章では、電池(バッテリー)の寿命が長いデジタル腕時計の他に、デジタル腕時計を長持ちさせる方法について考えてみたいと思います。

デジタル腕時計を長持ちさせる(電池を長持ちさせる)他の方法は?

前章では、単純に、電池(バッテリー)の寿命が長いタイプのデジタル腕時計を紹介しましたが、皆さんもご存知の通り、デジタル腕時計を長持ちせる(電池を長持ちさせる)には、他にも以下のような方法があります。

●クォーツ(電池)式デジタル腕時計を購入して、電池が切れたら、電池を交換して使い続ける方法

クォーツ(電池)式のデジタル腕時計の電池交換に関しては、販売店や時計屋、メーカーなどで有料で行うことができます。

もし、ある程度、器用な方でしたら、自分で交換することもできると思います。
※自分で電池交換する場合は、自己責任で行ってください。

例え、2年ほどで、腕時計の電池が切れたとしても電池を取り換えれば、また使えるようになります。

●ソーラー式のデジタル腕時計を購入する方法

ソーラータイプは、太陽の光などで、内蔵する二次電池(蓄電池)に光を蓄えて、それを動力として時計を動かします。そのため、基本的に、電池交換が不要です。

クォーツ(電池)式とソーラー式では、どちらを選ぶべきか?それぞれのメリットとデメリット!

まずは、両タイプのメリットとデメリットについて考えてみましょう!

クォーツ(電池)式のデジタル腕時計について!

クォーツ(電池)式のメリット

●同じような機能ならソーラー式に比べて値段が安い場合が多い。

●電池が切れても電池交換をすれば、再び使えるようになる。
電池交換に関しては、販売店、時計店、メーカーなどに、有料で頼むことができます。

ソーラー式と違い、自分で交換する方も多いです。
※自分で時計の電池交換をする際は、自己責任になります。自信のない方は、プロに有料で任せましょう。

 

補足事項!
時計の電池交換に関して

ちなみに、私は、価格の安いデジタル腕時計の電池交換を行ったことがありますが、初めは、ただ時計の裏蓋を開けて、ボタン電池を交換すれば、OKだと思っていました。

しかし、電池を交換しても時計の液晶に時刻が表示されないので、ネットでデジタル腕時計の電池交換の方法を調べました。

すると、デジタル腕時計によっては、リセット作業をしないと液晶に時刻が表示されないことがわかりました。私の場合、電池交換後に、指定個所と電池を数秒間通電させてリセットすると、ちゃんと液晶に時刻が表示されるようになりました。

「デジタル腕時計 電池交換」などで検索すると出てくると思います。
※電池交換を自分で行う方は、くれぐれも自己責任で行って下さい!

クォーツ(電池)式のデメリット

●数年使うと電池が切れるので、そのたびに電池交換をする必要があります。
時計にもよりますが、だいたい2年前後で、電池が切れる場合が多いと思います。
腕時計の電池交換は、有料になります。

●電池の持続期間(年数)は、使い方によってかなり違います。
私の場合は、だいたい1~2年ぐらいで電池がよく切れます。恐らく、ライトをよく使うからだと思われます。


ソーラー式のデジタル腕時計について!

ソーラー式のメリット

●基本的に電池交換の必要がない。
そのため電池交換のわずらしさがありません

●長期間連続使用が可能
太陽光などを二次電池(蓄電池)に、ためて動力としているため、基本的に、電池交換を行わなくても長期間の使用が可能です

●基本的に電池交換が必要ないのでエコである

ソーラー式のデメリット

●日照時間の少ない地域、季節、および太陽光の少ない屋内での使用が多いと電池切れになる可能性もある
使う人の環境によっては、充分な充電が行われずに電池切れになる場合もあります。
また、服の袖に常時、腕時計が隠れている場合も電池切れになる可能性があります。

●一度、電池切れになるとフル充電するのに、かなりの時間がかかる
時計の中に入っている二次電池(蓄電池)が電池切れを起こすと、フル充電には、かなりの時間がかかります。

一日だけ持たしたいなら、数時間、太陽光の下で充電すればいいですが、それだとまたすぐに電池切れを起こします。
フル充電するには、時計によっても違いますが、1~3日間ほど、太陽光の下での充電が必要になる場合が多いです。
※太陽光より光力が弱い、部屋の明かりなどで充電する場合は、さらに何倍もの時間がかかる場合があります。また光の弱い照明では、フル充電ができない場合もあります。

●クォーツ(電池)式に比べるとやや値段が高いことが多い
●基本的に、個人では、電池交換ができない。

補足事項!

実際に、私もソーラー式のデジタル腕時計を購入したことがあります。ソーラータイプなので、悪くても電池が5年くらいは持ってくれるのでは?と期待していましたが、だいたい2年弱で電池が切れました。

屋内で使うことが多かったからだと思います。また住んでいる地域が北海道なので、冬の日照時間の少なさも影響した可能性があります。

ただ、私が購入したのは、ほぼノーブランドの低価格品なので、ちゃんとしたメーカー品の場合、ソーラーシステムの性能がよく、電池切れになる可能性が低い場合もあります。

どちらにしろ、ソーラー式腕時計は、使用する環境によっては、電池切れを起こす可能性もありえるということです。

それでも、現在の主流は、電波式+ソーラータイプのデジタル腕時計が多くなっているのが現状だと思います。

クォーツ(電池)式とソーラー式では、どちらを選ぶべきか?

クォーツ(電池)式とソーラー式では、どちらがいいのか?

これに関しては、一概に、どちらがいいとは、いえないというのが私の見解です。

使う方の環境によって違ってくるからです。

具体的には、

●電池切れの起きることがほぼないであろう環境で使うならソーラー式!

●太陽光にあまりあたらない屋内で使用することが多い方はクォーツ(電池)式!

がいいのではないかと個人的には思います!

それと同時に、電池式とソーラー式のどちらが長持ちするか?

ということに関しても、その人の使用環境によって違ってくるため、一概に、どちらがいいとはいいにくいと思います。

ただし、現在は、ソーラー式が、主流になっている感じを受けます!

特に、電波ソーラー式が人気があります!

電波ソーラー式腕時計が人気の理由!

●昔に比べてソーラー式の性能がアップしていることが理由に考えられます。

そのため現在のソーラー式では、昔に比べると、電池切れが起きるケースは、かなり少なくなっているはずです。また以前のソーラー式に比べると弱い光でも充電できるようになっています。

●自動で時刻を修正してくれる電波時計はやはり便利!

そのため、ソーラー式でも特に、電波ソーラー式が人気があるのでしょう。

ソーラー式腕時計を購入する際は、

●常時、服の袖に時計が隠れてしまう状態だと、充電されないということを意識する!

●ソーラー式だということを過信しないで、定期的に太陽光の下や明るい室内で充電する!

※特に、日照時間の少ない季節、地域では、定期的に充電を行うことをおすすめします!

ことが望ましいと思います!

ソーラー式腕時計の電池が切れたら!

通常は、まず太陽光などで充電を行います。

フル充電する場合は、時計によっても違いますが、太陽光でも1~3日程度かかる場合があります。

しかし、それでも電池切れの症状が直らない場合は、販売店や時計店、メーカーに修理に出すことになります。

ソーラー式腕時計の蓄電池の故障の他にも、アナログやコンビネーションタイプの場合は、中の潤滑油切れや劣化などが原因で動かない場合も考えられます。そういう場合は、分解掃除を行ってもらいます。

充電するのに使用する二次電池(蓄電池)は、そう簡単に故障しませんが、万が一故障した場合は、メーカーなどで、交換することができます。

また、面白い商品も販売されています!

それは、LEDでソーラー式腕時計を充電する充電器です!

充電器を使えば、もしソーラー式腕時計の電池が切れても、通常のやり方で充電するよりも、早く充電がおこなえると思います!

※夜など、自分の好きな時に充電することができます。

ソーラー式腕時計の電池が切れると、フル充電するのにかなりの時間がかかります。

それを少しでも快適に行うことができる便利グッズといえるでしょう。

ソーラー式腕時計の充電器

購入する前に!

国内の腕時計のメーカーから公式に発売されている商品ではありませんので、利用する際は、自己責任でお願いします。


CoolFire Solar Watch高速充電器 tc-1046

他にも似たような機能を持つ商品があります!

クレファー 充電器 ソーラー腕時計用  BSC-4162-BK

クォーツ(電池)式とソーラー式のおすすめのデジタル腕時計!

おすすめのクォーツ(電池)式のデジタル腕時計

電池交換ができるクォーツ(電池)式腕時計のおすすめをいくつか紹介します。

後半の章の「曜日を日本語表示できるデジタル腕時計!」で、
曜日を日本語表示できるクォーツ(電池)式デジタル腕時計を紹介していますが、そちらも個人的にクォーツ(電池)式としておすすめです!

また、こちらで紹介する2機種も曜日を日本語表示にすることができます。


カシオ 腕時計 ウェーブセプター 電波時計 WV-59J-1AJF メンズ ブラック

クォーツ(電池)式電波時計!

ひとつの画面に、時刻、年(西暦)月日、曜日が表示されるのでとても便利です!

商品説明

●時計の駆動方式:クォーツ(電池)

●バンドの材質:ウレタン・ラバー系
※樹脂系バンドのため、基本的にバンド調整の必要がなく、すぐに使えます。

●電波時計:世界5局(日本×2、北米、英、独)対応電波時計

●多言語曜日表示(9ヵ国語)機能搭載
曜日を日本語表示にすることが可能です!
曜日の表記言語に関して:
日本語・英語・スペイン語・フランス語・ポルトガル語・ドイツ語・イタリア語・中国語・ロシア語・の9つの中から選ぶことが可能です。

●ストップウオッチ・タイマー機能搭載

●時刻アラーム・時報、機能搭載

●12/24時間制表示切替可能!

●操作音のON、OFF切替可能!

●防水機能:日常生活用強化防水:5BAR(5気圧防水)

上記と同じ機種でバンドがメタルバンドなのが以下の商品です!

カシオ 腕時計 ウェーブセプター 電波時計 WV-59DJ-1AJF メンズ シルバー

※メタルバンドのためバンドの調整が必要になります

おすすめのソーラー式デジタル腕時計!

おすすめ品を紹介する前に、まずは、注意事項を書いておきます!

あまりにも値段の安いノーブランドの電波ソーラー腕時計に関して!

現在の主流は、電波ソーラー式ですが、この2つがセットになるとやはりある程度の値段がします。

しかし中には、電波ソーラー式でも驚くほど安い製品もあります。

そういう場合は、よく確かめてください!

ソーラー式と書かれていても、充電(蓄電)できないソーラー腕時計もあります。

そういう腕時計は、太陽光が明るい場所では、ソーラー式(太陽の光力で駆動)で動きますが、暗いところでは、自動的に内蔵されている通常の電池に電源が切り替わるようになっています。

つまり、太陽光が当たっている間だけは、太陽光で駆動しますが、充電(蓄電)ができません。そのため時計の中に蓄電池も入っていません。

そういう腕時計は、分解してみるとわかりますが、中に普通のボタン電池が入っています。

充電(蓄電)の出来るソーラー式は、中に、二次電池(蓄電池)が入っており、基本的に、一般の方では、交換ができなくなっています。

電波ソーラー式で、あまりにも値段が安い場合は、充電(蓄電)できるかを調べたほうがいいかもしれません。

※充電(蓄電)できなくても太陽光で駆動すれば、ソーラー式となります。

では、おすすめのソーラー式腕時計を紹介します!


シチズン Q&Q 腕時計 デジタル 電波 ソーラー ウレタンベルト MHS7-300 メンズ ブラック

シチズンのデジタル腕時計のなかでは、かなりリーズナブルな電波ソーラー時計のひとつだと思われます!

商品説明

●時計の駆動方式:クォーツ(ソーラー電源)ソーラー式です!

●電波時計
福島局・九州局の2局の標準電波送信所から時刻情報を受信して、時刻と日付を自動修正

●日常生活用強化防水:10BAR(10気圧防水)

●ストップウォッチ機能搭載

●節電機能、過充電防止機能、充電警告機能搭載

●フル充電時持続時間 (約30ヶ月)

●バンドのタイプ:樹脂系バンド(ポリウレタン ベルトタイプ)

※基本的に樹脂系バンドのためバンド調整が不要ですぐに使えます。

メタルバンドタイプです!

シチズン Q&Q 腕時計 デジタル 電波 ソーラー メタルバンド MHS7-200 メンズ シルバー

メタルバンド(ステンレス ブレスレットタイプ)のためバンド調整が必要になります。

ただし、メーカーの情報によると
「三ツ折れフリーアジャスト中留付きバンド」で、通常のメタルバンドよりもバンド調整がしやすいようです。


カシオ 腕時計 スタンダード ソーラー W-S220-9AJF ブラック

商品説明

●時計の駆動方式:クォーツ(ソーラー電池)ソーラー式です!

※電波時計ではありません

●ストップウォッチ機能搭載

●日常生活用強化防水:10BAR(10気圧防水)

●バンドのタイプ:樹脂系バンド(ウレタン・ラバー系)

※基本的に樹脂系バンドのためバンド調整が不要ですぐに使えます。

違うカラーもあります!

カシオ 腕時計 スタンダード ソーラー W-S220-1AJF ブラック


カシオ 腕時計 フィズ LAP MEMORY 120 電波ソーラー STW10001BJF ブラック

商品説明

カシオのデジタル腕時計のなかでは、かなりリーズナブルな電波ソーラー時計のひとつだと思われます!

カシオのPHYS(フィズ)ブランドの製品です!

電波ソーラー式!

●時計の駆動方式:クォーツ(ソーラー電池)ソーラー式です!

●電波時計

●ストップウォッチ機能搭載

●日常生活用強化防水:10BAR(10気圧防水)

●バンドのタイプ:樹脂系バンド(ウレタン・ラバー系)

※基本的に樹脂系バンドのためバンド調整が不要ですぐに使えます。

●カラーバリエーション

5種類のカラーバリエーションがあります

白色は、結構インパクトがあり個人的におすすめです!


カシオ ジーショック 電波ソーラー GW-M5610-1BJF ブラック

商品説明

電波ソーラー式です!

●日常生活用強化防水:20BAR(20気圧防水)

●時計の駆動方式:クォーツ(ソーラー電池)ソーラー式です!

●電波時計

●ストップウオッチ、タイマー機能搭載

●時刻アラーム5本可能

●バッテリーインジケーター表示
※現在の充電状態が確認できます

●衝撃や振動に強い耐衝撃構造!

●バンドのタイプ:樹脂系バンド(ウレタン・ラバー系)

※基本的に樹脂系バンドのためバンド調整が不要ですぐに使えます。

●備考
フル充電時からソーラー発電無しの状態での駆動時間に関して!
機能使用の場合は、約10ヶ月、
パワーセービング状態の場合は、約26ヶ月駆動


カシオ ベビージー 電波ソーラー BGD-5000-7JF ホワイト

商品説明

電波ソーラー時計

●時計の駆動方式:クォーツ(ソーラー電源)ソーラー式です!

●日常生活用強化防水:20BAR(20気圧防水)

●電波ソーラー:世界6局(日本×2、北米、英、独、中)対応電波ソーラー

●衝撃や振動に強い耐衝撃構造

●ストップウォッチ、タイマー機能搭載

●時刻アラーム5本

●バッテリーインジケーター表示

※現在の充電状態が確認できて便利です!

●バンドの材質:樹脂系バンド(ウレタン・ラバー系)

※基本的に樹脂系バンドのためバンド調整が不要ですぐに使えます。

●備考

フル充電時からソーラー発電無しの状態での駆動時間 に関して!
機能使用の場合 : 約11ヶ月、
パワーセービング状態の場合 : 約33ヶ月


カシオ  ジーショック GULFMAN 電波ソーラー GW-9110-1JF ブラック

タフネスを追求し機能に特化したマスターオブGシリーズのニューモデル!

電波ソーラー時計

商品説明

●時計の駆動方式:クォーツ(ソーラー電源)ソーラー式です!

●電波ソーラー:世界6局(日本×2、北米、英 、独、中)対応電波ソーラー

●20気圧防水機能

●サーフィンなどのマリンスポーツや釣りなどに便利なタイドグラフ機能搭載

ムーンデータ搭載により、月の満ち欠けがわかります(月齢・月の形表示)
タイドグラフ機能搭載により、潮回り:3段階表示可能

●ストップウォッチ、タイマー機能搭載

●時刻アラーム5本

●バッテリーインジケーター表示
※現在の充電状態が確認できて便利です!

●バンドの材質:樹脂系バンド(ウレタン・ラバー系)

※基本的に樹脂系バンドのためバンド調整が不要ですぐに使えます。

●備考

フル充電時からソーラー発電無しの状態での駆動時間に関して!
機能使用の場合:約9ヶ月、
パワーセービング状態の場合:約26ヶ月

曜日を日本語表示できるデジタル腕時計

デジタル腕時計には、曜日を日本語表示できるタイプとできないタイプがあります。

例えば、月曜日を液晶に、「月」と表示するタイプと、「MON」などと表示するタイプです。

まあ、どちらでも、曜日が、わかるので、特に問題ありませんが、やはり日本語で表示してくる方が、よりわかりやすいです!

また、腕時計によっては、液晶に表示できるスペースに違いがあり、アルファベット3文字で表示するタイプもあれば、アルファベット2文字で表示するタイプもあります。

3文字表記ならそれほど問題ないかもしれませんが、アルファベットで、2文字表示の場合、曜日によっては、スペルが似た曜日があるので、なれるのに、少し時間がかかる可能性があります。

月曜日:Monday
火曜日:Tuesday
水曜日:Wednesday
木曜日:Thursday
金曜日:Friday
土曜日:Saturday
日曜日:Sunday

漢字表示 アルファベット
3文字表示
アルファベット
2文字表示
月曜日 MON MO
火曜日 TUE TU
水曜日 WED WE
木曜日 THU TH
金曜日 FRI FR
土曜日 SAT SA
日曜日 SUN SU

やはり英語(アルファベット)表記なら3文字の方がわかりやすい気がします。

曜日が、英語(アルファベット)表記のデジタル腕時計が多いのは、恐らく、

外国にそのまま輸出しても問題なく外国人のユーザー(英語圏の方)が、使用できるため、国内向けと、国外向けが同じ仕様で済むため、コストが削減できるためではないでしょうか?

曜日を日本語表記できるデジタル腕時計には、以下のタイプがあります!

初めから曜日が日本語表記のタイプと、多言語曜日表示に対応しているタイプがあり、多言語曜日表示に対応している製品は、初めは、アルファベットで曜日が表示されていても、設定で、曜日を日本語表記に変更できます。

※多言語曜日表示の中に日本語が含まれていることが条件になります

曜日を日本語表示できるおすすめのデジタル腕時計!

上記で説明したように、最初に、曜日が英字で表示されていても日本語表記に変更できるタイプがあります。

カシオの製品でいえば、多言語曜日表示(9ヵ国語)機能がついたデジタル腕時計です。

以下の商品などがそれに該当します。

以下の商品は、曜日を日本語表記に切り替えることが可能です。

また、私が、おすすめするポイントとして、1画面に、時刻、日付、西暦、曜日などの知りたい情報が表示されているところです!

腕時計によっては、西暦や日付を見るのに、画面をいちいち切り替えないと見ることができないタイプがありますが、以下の商品は、時刻・西暦・日付・曜日を一目で確認することができて便利です!

また以下で紹介している時計は、最近では、貴重な、電波式+クォーツ(電池)式です!


カシオ  ウェーブセプター 電波時計 WV-58J-1AJF メンズ ブラック

クォーツ(電池)式電波時計!

商品説明

●時計の駆動方式:クォーツ(電池)

●バンドの材質:ウレタン・ラバー系
※樹脂系バンドのため、基本的にバンド調整の必要がなく、すぐに使えます。

●電波時計:世界5局(日本×2、北米、英、独)対応電波時計

●多言語曜日表示(9ヵ国語)機能搭載
曜日を日本語表示にすることが可能です!
曜日の表記言語に関して:
日本語・英語・スペイン語・フランス語・ポルトガル語・ドイツ語・イタリア語・中国語・ロシア語・の9つの中から選ぶことが可能です。

●ストップウオッチ・タイマー機能搭載

●時刻アラーム・時報、機能搭載

●12/24時間制表示切替可能!

●操作音のON、OFF切替可能!

●防水機能:日常生活用強化防水:5BAR(5気圧防水)

上記と同じ機種でバンドがメタルバンドなのが以下の商品です!

カシオ ウェーブセプター 電波時計 WV-58DJ-1AJF メンズ シルバー

※メタルバンドのためバンド調整が必要になります


もう少しスポーティーなデザインがいいなら以下のタイプがおすすめです!

上記の商品との大きな違いは、20気圧防水となっているところです!

この機種も上記と同様に、曜日を日本語表示に切り替えることができます。

多言語曜日表記(9ヵ国語)に対応しています!

また、一画面で、時刻・西暦・日付・曜日を確認することができます。

カシオ 腕時計 スポーツギア 電波時計 WV-M200-2AJF ブルー

防水機能:日常生活用強化防水:20BAR(20気圧防水)

色がブラックのタイプもあります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする