USBメモリをNTFSでフォーマットする方法!メリットが多い!

パソコンを使う方なら、USBメモリは、大変便利で重宝しているはずです。

データを簡単に移動して持ち運びできますからね!

しかもうれしいことに最近のUSBメモリは、ますます大容量化して値段も安くなってきています。

USBメモリの出始めの頃は、容量が2GBでも5千円くらいはしたと思いますが、

今なら32GBでも安いものなら1000円以下で購入できます。

本当に便利な世の中になったものです。

さて、そんな便利なUSBメモリですが

ひとつだけ不満なことがあります

それは、購入した時点では、USBメモリのドライブが、

FAT32というファイル形式でフォーマットされているからです。

最近では、FAT32という言葉もあまり聞かなくなってきました。

ちなみにWindowsのパソコンのドライブ(ハードディスク)は、

現在、基本的にNTFSというファイル形式で

フォーマットされています。

VISTA、7、8、10などが、それにあてはまります。

自分が、現在使用しているドライブがNTFSなのを確認してみる!

今、私が使用しているのは、windows10のパソコンですが、

ディスクトップの「PC」のアイコンをダブルクリック→

→ローカルディスク(C)の上で右クリック→

→表示された画面で「プロパティ」をクリックすると、そこに、ファイルシステム「NTFS」としっかり表示されます。

※パソコンで、「PC」のアイコンを表示させていない方は、タスクバーの左にある検索欄に「PC」と入力して、表示された「PC」のアイコンをクリックしても同じです。

また、余談ですが、パソコンの画面に「PC」のアイコンを表示させたい場合は、

画面の下にあるタスクバーの左にある検索欄に「テーマ」と入力します。

次に、「テーマと関連項目の設定」をクリックします。

次に、「テーマ」の画面が開きますので、そこにある「デスクトップアイコンの設定」をクリックします。

「デスクトップ アイコンの設定」の画面が表示されますので、「コンピューター」にチェックを入れて、下にある「OK」ボタンをクリックします。

それで、パソコンのデスクトップ画面に「PC」のアイコンが表示されるようになります。

詳しい表示方法は、図解入りで下の章で説明しています。そちらをご覧下さい。

PCの画面に、もしPC(コンピュータ)のアイコンが表示されていない方は、上記のように、PCのアイコンを表示させるようにすると便利です!

FAT32でフォーマットされたドライブの
デメリット(短所)は?

それは、4GB以上のファイルを扱えないということです。

「えっ?私の持っているUSBメモリは、32GBだから4GBなんて余裕で使えるよ」

と思う人がいるかもしれません。

しかし、合計で4GBではなく単独ファイル(1つのファイル)で、4GB以上を扱えないということです。

この制限を解除するには、ファイルシステムを「FAT32」から「NTFS」に変更するしかありません。

ファイルシステムが、NTFSであることのメリットは?

では、NTFSのメリットは、なんでしょうか?

●FAT32に比べてシステムが安定している

●耐障害性が強化されている

●検索の高速化

●扱える1ファイルの最大容量が、FAT32に比べて格段に大きい

FAT32では、最大ファイルが、4GB未満のファイルしか扱えませんが、

NTFSでは、16TBまで扱うことが可能です。

●ファイルの圧縮、暗号化に対応している

などがあります。

NTFSのデメリットは?

では、逆に、NTFSのデメリット(短所)は、なんでしょうか?

基本的に、FAT32と比べてデメリットは、ほぼないと思われます。

しいてあげるなら互換性でしょう。

OSがWindows 95、Windows 98のパソコンには、

NTFSというファイルシステムは使用できません。

しかし、今、Windows 95、Windows 98のパソコンを使っている方は、かなり前に、マイクロソフトのサポート期限が、終了していますので、まずいないでしょう。

※注意 MACのパソコンは、FAT32と互換性がありますので、WindowsとMacの間でファイルをやりとりをする場合には、FAT32が必要になる場合もあります。

結論を言うと

MACのパソコンとWindowsのパソコンを両方お持ちで、相互でデータをやりとりする場合がある方以外は、ファイル形式が「NTFS」の方が、有利だと思います。

今でもUSBメモリの購入時のファイルシステムが依然としてFAT32なのは、この互換性のためだと思われます。

また、余談ですが、「Windows10のインストールメディア」を作成する際は、FAT32で作成されます。

FAT32のUSBメモリを
NTFSに変更(フォーマット)するには?

最初に説明したとおり、USBメモリは、購入時点では、FAT32でフォーマットされています。

それをNTFSに変更する手順を説明します。

その前に注意事項です。

※一度ファイル形式をNTFSに変更すると、基本的にFAT32には、戻せなくなります
ここからは、一応、自己責任で行ってください。損害などが起きても保証はできません。

またフォーマットするとUSBメモリ内のデータは、すべて消去されますので必要なデータは必ずバックアップを取ってください

追加補足!

昔のOSの場合は、一度ファイルシステムを変更(FAT32からNTFSに変更)すると、元に戻せませんでしたが、Windows 10のOSでは、それが可能になっています。

ただし、ファイルシステムを変更するとUSBメモリ内のデータは消去されますので、気を付けてください。

では、「FAT32」のUSBメモリを「NTFS」に変更する実際の手順に入ります

※OSが、windows10の場合のやり方です。基本的にwindows7の場合も同じです。

XPの場合は、初期設定では、選択肢の中に「NTFS」がありません
この下のワンポイントアドバイスを参考にしてください。

1、「コンピューター(PC)」のアイコンをダブルクリックします

※デスクトップに 「コンピューター(PC)」のアイコンが表示されていない方は
「スタートボタン」をクリック → 「コンピューター」をクリックしてください。

これは、windows7の場合の表示方法です。

window10の場合は以下を参考にしてください

補足事項!

windows10でデスクトップに
PC(コンピュータ)のアイコンを表示させる方法!

※すでにPCのアイコンをデスクトップに表示している方は、
ここは、飛ばして結構です。

色々な方法がありますが、

1、デスクトップの検索欄に テーマ と入力します

下の図の赤枠部分に テーマ と入力します。

2、テーマと関連項目の設定をクリックします

下の図の赤枠部分

3、デスクトップ アイコンの設定をクリックします

4、コンピューターにチェックをいれて、OKをクリックします。

これで、以下のように、デスクトップにPCのアイコンが表示されます。

2、「PC」のアイコンをダブルクリックしたら「デバイスとドライブ」の画面で、

「NTFS」にフォーマットしたいリムーバルディスク(USBメモリ)を右クリックします。

※うまく、下記の図のようなメニューが表示されない場合は、
一度リムーバルディスク(USBメモリ)をクリックして周りを青く表示させてから
右クリックしてみてください。
 

3、NTFSに変更したいUSBメモリの上で右クリックすると、メニューが開きますので、その中の「フォーマット」をクリックします

4、ファイルシステムを「NTFS」に変更します。

5、「クイックフォーマット」にチェックを入れて「開始」ボタンをクリックします

これで作業は完了です。
※フォーマット中は、絶対に電源を落としたり、USBメモリを抜いたりしないで下さい。

USBメモリが破損して使用不能になる場合があります。充分注意してください。

ワンポイントアドバイス

OSや条件によっては、手順4のときに、選択したいファイルシステムの中に

「NTFS」が無い場合もあります。

XPの場合は、最初の選択肢の中に「NTFS」が存在しません。

XPの場合

手順2のときに、プロパティをクリック → ハードウェアタブをクリック→

→ 全ディスクドライブの中から、NTFSにフォーマットしたいUSBメモリのドライブをクリック

※慎重に該当するドライブを選んでください。

→ プロパティをクリック → ポリシー というタブをクリック 

→ パフォーマンスのために最適化する にチェックを入れます

→ OKをクリック

これで 手順4のファイルシステム選択の中にNTFSが現れると思います。

実際に、USBメモリのファイルシステムが「NTFS」に変更されたのを確認する方法

あえて、説明する必要もないと思いますが、

1、パソコンのデスクトップ上の「PC」のアイコンをダブルクリックします。

2、「デバイスとドライブ」が表示されていますので、そこの中から、ファイルシステムをNTFSに変更したUSBメモリを見つけて、その上で、右クリックします。

3、「プロパティ」をクリックします。

すると、「USBドライブのプロパティ」の画面が開きますので、「ファイルシステム」を確認します。

私がよく使用するUSBメモリ

ちなみに私は、現在、6つのUSBメモリをメインで使っています。

他にも数個持っていますが、現在は使用していません。

●Transcend(トランセンド)製128GB ブラック1個(USB3.0)

●Transcend(トランセンド)製128GB ホワイト1個(USB3.0)

●Transcend(トランセンド)製64GB ブラック1個(USB3.0)

●Transcend(トランセンド)製64GB ホワイト1個(USB3.0)

面白いことに、ブラックとホワイトは外見がほぼ一緒ですが、品番が微妙に違い
ホワイトの方にはアクセスランプがついています。

●Pico Drive F3  32GB  (USB3.0)

これは、トランセンドより値段が高かったのですが、スピードも速いです!

●バッファロー 32GB 品番不明 かなり大型で長い(USB2.0)

個人的な感想ですが、1度USB3.0のUSBメモリを使うとUSB2.0のタイプは、

使う気がしなくなりまね。ファイルの移動速度が段違いに速いです。

※もちろん使用するパソコンがUSB3.0に対応していないと速度がでません。

現在では、さらに速いUSB3.1も登場しています。

ちなみに所有しているトランセンドのブラックの方のUSBメモリは、

こちらです。

しかしUSBメモリも本当に安くなったものです。

容量128GBで、しかもUSB3.0でこの値段ですからね!

最近、新たに欲しいなと思っているのが下の128GBのUSBです。

やはりUSBメモリは、いくらあっても邪魔にならないというのが私の考えです(笑)

さらに、同じトランセンド製の256GBのUSBメモリも販売されています。

いったい、USBメモリの容量は、どこまで増えるのでしょうか?

私のような大容量のUSBメモリが欲しい人にとっては、うれしい限りです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする