当サイトは、記事内に広告が、含まれています

テレビの録画ができるUSBメモリ!?その正体はUSBメモリよりも高速な外付けスティックSSD!

高速なUSBメモリが欲しいが、値段が高い。または、容量が少ない。

そんな時に便利なのが、SSDとUSBメモリが合わさったような製品です!

転送速度はSSD、しかもSSDと違ってUSBメモリのように小型で、簡単にPCのUSBポートに差し込むだけで使うことができます。

まさにSSDとUSBメモリのいいとこどりのような商品ではないでしょうか?

また、中身は、基本的にSSDなので、容量も1TBというサイズもあり非常にコスパがよく、使い勝手もいいです。現在では、容量2TBという製品も販売されています。

私は、この商品を知る前に、高速型のUSBメモリを購入しましたが、もし、この商品を知っていれば、恐らく、こちらの商品を購入したと思います。

サイズは、USBメモリよりもやや大きくなりますが、SSDなので転送速度が速いです!

しかもテレビの録画にも対応しているのですからいうことなしです!
※お持ちのテレビが対応しているかどうかは、下に書いた製品ごとの公式サイトで調べてみて下さい。

まさに、SSDの転送速度とUSBメモリのコンパクトさが合わさったハイブリッドな便利グッズだと思います。

スポンサーリンク

外付けスティックSSDとは?
SSDの高速な転送速度とコンパクトさが便利!

2.5インチSSDはUSBメモリに比べて、転送速度が高速です。

しかし2.5インチ内蔵SSDを外付けSSDとしてPCのUSBポートに差し込むと、やはりサイズが大きくてスペースをとります。また2.5インチ内蔵SSDを外付けにする専用のケースやアダプターも必要になります。

しかし、今回紹介する外付けスティックSSDは、大きさが、USBメモリとほぼ同じで、SSDをUSBメモリ感覚で使うことができます。

基本的にSSDなので、通常のUSBメモリよりは、読み込み速度、書き込み速度などの転送速度がかなり高速になります。

また、高速タイプのUSBメモリを購入するよりもコストパフォーマンスがいい場合が多いのもうれしい特徴と言えます!

そのため、

大容量のUSBメモリが欲しい!

高速なUSBメモリ欲しい!

コストパフォーマンスがいいUSBメモリ欲しい!

という方の要望に見事に答えてくれる製品だと思います!

さらに、次の章で紹介する2つの外付けスティックSSDは、テレビ録画にも対応しています!

外付けステックSSDでテレビ番組を録画するメリットには以下のようなものがあります!

1、取り付けが簡単で省スペース
2、コンセントが不要(パスパワー)
3、HDDと違ってSSDなので音が静か

※テレビが外付けHDDでのテレビ録画に対応している必要があり、かつ、パスパワー式のストレージに対応している必要があります。

詳しくは、下記の製品の説明欄に、対応しているテレビの調べ方のURL(公式サイト)を載せておきました。

おすすめ外付けスティックSSD

コストパフォーマンスでおすすめ!

【Amazon.co.jp限定】バッファロー SSD 外付け 1.0TB USB3.2Gen1 ブラック SSD-PUT1.0U3-B/N

商品の特徴

バスパワー駆動で、PCにさすだけ。そのためケーブルは不要!

デジタルストレージ容量:1TB

ストレージタイプ:SSD

対応デバイス :PS4, テレビ, PS5, デスクトップ, ノートパソコン

転送速度:最大約430MB/sの高速なファイル転送

端子形状:USB Type-A(USB3.2)

テレビ番組の録画も可能
※使用するテレビが外付けHDDの録画に対応していて、かつパスパワー式のストレージ(HDD、SSDなど)に対応している必要があります。

詳しく知りたい方は、
録画対応確認済みのテレビをバッファローWebで確認して下さい。

対応しているテレビの調べ方。バッファローの公式サイト

https://www.buffalo.jp/taiou/

製品サイズ: ‎6.9 x 2.3 x 1.1 cm

重さ:17 g


より転送速度が速いタイプが欲しいなら!

最大約600MB/sの高速なファイル転送

バッファロー SSD 外付け 1.0TB USB3.2 Gen2 読込速度600MB/秒
Type-Cアダプター付属 ブラック SSD-SCT1.0U3BA/N

デジタルストレージ容量:1TB
ストレージタイプ:SSD

対応デバイス :Windows(10/8.1/7)、MacOS(11/10.14~10.16)、PlayStation(R)5、PlayStation(R)4

読み込み速度:最大約600MB/s以上
書き込み速度:最大約500MB/s以上

端子形状:USB Type-A(USB3.2)

テレビ番組の録画も可能
※使用するテレビが外付けHDDの録画に対応していて、かつパスパワー式のストレージ(HDD、SSDなど)に対応している必要があります。

詳しく知りたい方は、
録画対応確認済みのテレビをバッファローWebで確認して下さい。

対応しているテレビが記載されているバッファローの公式サイト

https://www.buffalo.jp/product/detail/taiou/ssd-sct2.0u3ba_n.html

重さ:17 g

備考

Type-Cへの変換アダプターも付属しています。


より大容量タイプのスティックSSDが欲しい場合は!

上記の製品の容量2TBタイプもあります!

バッファロー SSD 外付け 2.0TB USB3.2 Gen2 読込速度600MB/秒
Type-Cアダプター付属 ブラック SSD-SCT2.0U3BA/N


こちらも容量2TBです!
USB-A/USB-Cの両方に対応しています!

※テレビの録画用途での使用には対応していません。

IODATA スティックSSD 2TB USB-A&USB-C搭載
USB 3.2 Gen 2対応  SSPE-USC2/E

商品の特徴

デジタルストレージ容量:2TB

読み込み速度:約530MB/s
書き込み速度:約450MB/s

端子形状:USB-A/USB-Cの両方に対応(USB3.2)

対応デバイス:PC、iPad、Mac、PS5(TM)など

製品サイズ:‎8.4 x 2.8 x 1.2 cm

商品の重量:70 g

テレビ番組の録画:対応していません

スティックSSDの温度に関して

人によっては、スティックSSDの温度を気にする方がいます。

そういう場合は、ちゃんと解決方法もあります。

そのまま使用していても特に問題は、ないと思いますが、気になる方は、以下の記事で解決方法を紹介しています。

SSDをコンパクトにしたスティックSSDという製品があります。外見は、USBメモリとほとんど同じです。 大きさに関しては、やや...

今回、私もスティックSSDを購入しましたが、私の場合、上記の記事にも書いていますが、顕著にスティックSSDの温度が下がりました。

もし、興味がある方は、上記の記事もご覧になってください。

今回の記事では、USBメモリと同じような感覚で使える外付けスティックSSDを紹介してみました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする