縦に回転するピボット機能付きPCモニターのメリットとおすすめ商品!

パソコンのモニターで縦に回転が可能なタイプがありますよね。

パソコンの液晶画面の中で表示を縦に回転させるのではなく、

モニター自体が物理的に縦型に変形できるものです。

あれって、私はつい最近まで正式な名前を知りませんでした(笑)

ピボット機能って言うんですね!

今回の記事では、ピボット機能のあるPCモニターのメリットと

具体的なおすすめ商品を紹介したいと思います。

ピボット機能対応のモニターのメリット

最近のモニターは、地デジ化の影響もあるのか、

とにかく横に長いです。そして高さが低い。

特に、昔の4対3型のモニターを使ったことがある方は、

なおさら、そう感じるのではないでしょうか?

この横長の液晶は、

映画やドラマなどを見るのには、適していますが、

ネットでウェブサイトなどを見るときには、返って見づらい場合もあります。

高さがないので、少し見るとすぐに下にページをスクロールしないといけません。

これって、結構面倒なんですよね。

また、自分でブログなどを運営している方も多いと思いますが、

ブログを書くときも同じです。

横に長いのは、いいが、縦に短いので、ブログで文章を書いていると

上にスクロールしたり、今度は下に戻したりと、面倒なことも多いです(-_-;)

そんな時に、ピボット機能がついたモニターで縦に回転させてやると

一気に不満が解消される場合があります。

ピボット機能付きモニターのメリット

●ウェブサイトが見やすくなる場合が多い

●ブログを書くときに快適!

●仕事でエクセルなどを使う時や、データの打ち込みをするときなども

画面が縦型の方が効率がよい場合がある

ピボット機能付のモニターを購入する前に!
パソコンがピボット機能を利用できるかの確認!

まずは、自分のパソコンでピボット機能を利用できるか、

確認したほうがいいと思います

実は、ピボット機能付きモニターを購入してもすべてのパソコンで

ピボット機能を利用できるとは限りません。

※現在においては、相当、昔のパソコンでなければ、恐らく、ほとんどのPCが、ピボット機能に対応していると思います

ただし、ノートパソコンは、新しくてもピボット機能には、対応していない場合が多いです。

●具体的に説明すると

ピボット機能付のモニターを購入しても、パソコン本体側が、

ピボット機能に対応していないとモニターが物理的に縦に回転しても

液晶の表示の向きは、元のままです。

つまり、PC側に画面を回転させる機能がついているかがポイントとなります!

●ピボット機能付のモニターを購入して、ピボット機能を利用するためには!

●あらかじめ自分のパソコンに画面を回転させる機能が備わっている。
グラフィックボード(ビデオカード)が搭載されているPCの場合は、画面の回転機能が備わっている場合が多いです。

また、PC本体のマザーボードのグラフィック機能、例えば、インテルグラフィックなどに画面の回転機能が備わっている場合。

●購入したモニターにピボット機能を利用可能にするソフトが付属している。
もしくは、メーカーのホームページからダウンロードが可能。

I-Oデータでいえば、「クルッとな」という画面を回転させるソフトが有名です。

などの条件が必要です。

自分のパソコンが、画面を縦に回転させることができるか?の確認方法

対応している可能性が高いのは、

グラフィックボード(ビデオカード)が入っているパソコンです。

余程古いグラフィックボードなら対応していないこともありえますが、

最近のものなら恐らくほぼ対応していると思います。

その他にもマザーボードのグラフィック機能(グラフィックドライバー)が、対応している場合も有ります。

※今回の記事では関係有りませんが、ノートパソコンの場合は、グラフィックカードがあろうと無かろうと、あえて画面を回転させないようになっている場合が多いと思います。

確認の仕方は、いくつかありますが、最も簡単なのは以下の方法です。

windows7とwindows10の場合で説明しています

●winodws7の場合

1、デスクトップ(PC画面)の何も無いところで右クリック

2、画面の解像度をクリック

3、ディスプレイ表示の変更の画面に、

向きというメニューがあれば、画面を縦に回転できます。

つまりピボット機能付きのモニターで画面の表示を縦にすることが可能です。

上の画面(ディスプレイ表示の変更の画面)で、向きという項目が無い場合は

ピボット機能を利用できない可能性があります。

あとは、購入したいモニターにピボット機能を利用可能にするフリーソフトが

付いているかどうかが、問題になります。

※詳しいことは、モニターのメーカーのサイトをご覧下さい

●windows10の場合

1、デスクトップの画面(PC画面)の何も無いところで右クリック

2、新しく開いたメニューのディスプレイ設定をクリック

3、ディスプレイのカスタマイズの画面が表示されますので、そこで、「向き」のメニューで方向を切り替えます。

横・縦・横(反対方向)・縦(反対方向)などに切り替えが可能です。

※「向き」というメニューが無い場合は、画面の回転(縦長表示)は、できません。

グラフィックボードが入っているパソコンの場合は、

グラフィックボードのメニューからも画面の回転ができる場合が多いです!

私のパソコンは、古いパソコンですが、NVIDAのグラフィックボードが

搭載されています。

NVIDAのグラフィックボードを搭載しているパソコンの場合

※古いグラフィックボードなので操作の仕方は、新しい製品と違う場合があります。

1、まず、タスクバーのNVIDAのアイコンをクリックします

2、隠れている場合は、タスクバーの▲のボタンをクリックして

隠れているインジケーターを表示します

3、NVIDAのアイコンをクリックして

NVIDAのコントロールパネルを表示させます

左のメニューでディスプレイの回転をクリックします

4、すると右側に ディスプレイの回転 という画面が表示されますので

そこで、画面を回転させることができます。

※ピボット機能付のモニターを購入する場合は、

必ず購入前に、以下のことを調べてください

●自分のパソコンに画面を回転させる機能が備わっているか?

●もしPC側に回転機能がない場合、購入を考えているピボット機能付モニターに、

画面を回転させるソフトが付属しているかどうか?

●そのソフトで自分のパソコンがピボット機能を利用できるかどうか?

わからない場合は、事前にメーカーに問い合わせることをおススメします。

お手頃な価格のおすすめのピボット機能付のPCモニター

一応、調べたつもりですが、抜け落ちもあるかもしれませんので、

もし購入する際は、必ず、ピボット機能付きかどうかを

ご自分でもう一度確認してください

またパソコンの周辺機器は、英数字の品番が多く、

類似品版でピボット機能が付いたり

付かない場合もありますのでその辺もご注意ください

また、その商品の新型が出ている場合がありますのでリンク先などで確認してください。

新商品にピボット機能があるかどうかも忘れずにご確認下さい。

定期的に、商品のチェックを行っていますが、最近は、ピボット機能付きのモニターの在庫が全般的にかなり品薄になっています。

特に、21.5インチタイプは品薄になっているようです。

21.5インチモニター(ピボット機能付き)


こちらの製品は、正確には、22.5インチになります

EIZO 22.5型フレームレスモニターFlexScan EV2360-BK

画面のサイズ:22.5インチ
解像度:UXGA Wide(1920×1200)
※ちなみにフルHDの解像度が1920x1080です。
フルHDよりも縦に11%広い解像度のために、頻繁なスクロールの手間が、省けて作業効率が向上する可能性があります。

縦横比:16:10
※通常のモニターは、16:9が多いですが、それよりも画面がワイドになっています。
パネル方式:IPSパネル搭載、アンチグレア(非光沢:ノングレア)
応答速度:5 ms (中間階調域)
輝度:250cd/㎡
スピーカー:1.0 W + 1.0 W
ピボット機能:あり


マウスコンピューター iiyama モニター ディスプレイ XUB2292HS-B1A(21.5型

画面のサイズ:21.5インチ
解像度:1920x1080 フルHD
パネル方式:IPSパネル搭載、非光沢
応答速度:4 ms(GTG)※オーバードライブの設定を「3」とした時
輝度:250cd/㎡
スピーカー:1Wx2
ピボット機能:あり


Acer モニター ディスプレイ 21.5インチ B227Qbmiprzx

画面のサイズ:21.5インチ
解像度:1920x1080 フルHD
パネル方式:IPSパネル搭載、非光沢
応答速度:4 ms(GTG)
輝度:250cd/㎡(白色LED)
スピーカー:2W + 2W 
ピボット機能:あり

メーカー公式サイト
https://acerjapan.com/monitor/business/b7/B227Qbmiprzx


23インチモニター(ピポット機能付き)

iiyama 23型ウルトラスリムラインフルHD液晶  XUB2390HS-B4

画面のサイズ:23インチ
最大解像度:1920x1080 フルHD
パネル方式:AH-IPSパネル,非光沢
応答速度:5ms(GtoG ※オーバードライブの設定を5とした時)
輝度:250cd/㎡
スピーカー:2Wx2
ピボット機能:あり

発売日:2019年7月1日発売


マウスコンピューター iiyama モニター ディスプレイXUB2390HS-B5(23型/AH-IPS方式

画面のサイズ:23インチ
最大解像度:1920x1080 フルHD
パネル方式:AH-IPS方式,非光沢
応答速度:5ms(G to G)※オーバードライブの設定を「+2」とした時
輝度:250cd/㎡
スピーカー:2W × 2
ピボット機能:あり

発売日:2020年 6月30日 発売


こちらの製品は、正確には、23.6インチになります!

マウスコンピューター iiyama モニター ディスプレイ XB2474HS-B2(23.6型)

画面のサイズ:23.6インチ
最大解像度:1920 x 1080 フルHD
パネル方式:VA方式 ノングレア液晶(非光沢)
応答速度:4ms(GtoG)
※オーバードライブの設定を"+2"とした時
輝度:250 cd/m2
スピーカー:2.0W×2
ピボット機能:あり


23.8インチモニター(ピボット機能付き)


BenQ アイケアモニター GW2480T 23.8インチ

画面のサイズ:23.8インチ
最大解像度:1920x1080 フルHD
パネル方式:IPS方式,非光沢
応答速度:GtoG 5ms
輝度:250cd/㎡
スピーカー:1W x 2
ピボット機能:あり


I-O DATA モニター ディスプレイ EX-LD2383DBS 23.8インチ/ADSパネル/ピボット/3年保証

画面のサイズ:23.8インチ
最大解像度:1920x1080 フルHD
パネル方式:上下左右178°の広視野角なADSパネル採用、ノングレア液晶(非光沢)

応答速度:約5ms (オーバードライブレベル2設定時)
輝度:250cd/m2(標準)
スピーカー:1Wx2
ピボット機能:あり


Dell ワイドフレームレスモニター 23.8インチ S2421HS

画面のサイズ:23.8インチ
最大解像度:1920x1080 フルHD
パネル方式:IPS方式/ノングレア液晶(非光沢)
応答速度:4 ms (GtoG エクストリーム)
輝度:250cd/m2(標準)
スピーカー:なし
ピボット機能:あり


マウスコンピューター iiyama モニター ディスプレイ XUB2493HSU-B1(23.8型)

画面のサイズ:23.8インチ
最大解像度:1920x1080 フルHD
パネル方式:IPS方式/ノングレア液晶(非光沢)
応答速度:4ms (GtoG オーバードライブ設定+2)
輝度:250cd/m2(標準)
スピーカー:2Wx2
ピボット機能:あり


LG フレームレス モニター ディスプレイ 24BL650C-B 23.8インチ

画面のサイズ:23.8インチ
最大解像度:1920 x 1080 フルHD
パネル方式:IPS 非光沢
応答速度:5ms(応答速度をFasterに設定した場合)
輝度:250 cd/㎡
スピーカー:1.2W+1.2W
ピボット機能:あり

27インチモニター(ピボット機能付き)

Dell ワイドフレームレスモニター 27インチ S2721HS

画面のサイズ:27インチ
最大解像度:1920x1080 フルHD
パネル方式:IPS方式、非光沢
応答速度:5 ms (GtoG 高速)
輝度:300 cd/m2
スピーカー:なし
ピボット機能:あり


BenQ アイケアモニター GW2780T 

画面のサイズ:27インチ
最大解像度:1920x1080 (Full HD)
パネル方式:IPS方式、ノングレア(非光沢)
応答速度:GTG 5ms
輝度:250 cd/m2
スピーカー:2Wx2スピーカー搭載
ピボット機能:あり


マウスコンピューター iiyama モニター ディスプレイ XB2783HSU-B3C(27型/AMVA+/フレームレス/昇降ピボット

画面のサイズ:27インチ
最大解像度:1920x1080 フルHD
パネル方式:AMVA+パネル ノングレア液晶(非光沢)
応答速度:4ms (GtoG オーバードライブ設定+2)
輝度:300 cd/m2
スピーカー:2W×2
ピボット機能:あり


31.5インチモニター(ピボット機能付き)

PHILIPS モニター ディスプレイ 328P6VUBREB/11 31.5インチ

画面のサイズ:31.5インチ
最大解像度:3840x2160
パネル方式:VA 非光沢
応答速度:4ms 輝度:400 cd/m2
スピーカー:3 W x 2
ピボット機能:あり
備考:4K、HDR

メーカー公式サイト
https://www.philips.co.jp/c-p/328P6VUBREB_11/brilliance-lcd-monitor-with-usb-c-dock

ゲーミングモニター(ピボット機能付き)

ゲーミングモニターとは、ゲームをプレイするのに適したモニターです。

一般的に応答速度が速いのが特徴です。

もちろん、普通のモニターとしても使用することが可能です。

最後に補足商品紹介として紹介している24インチのモニターもお買い得かもしれないので目を通していただけると幸いです。


I-O DATA ゲーミングモニター 23.6インチ(144Hz)  EX-LDGC242HTB

画面のサイズ:23.6インチ
最大解像度:1920×1080 フルHD
パネル方式:TN 非光沢
応答速度
5ms(144Hz/オーバードライブレベル2設定時は、0.6ms[GTG])
輝度:300 cd/m2
スピーカー:2.0W+2.0W
ピボット機能:あり


I-O DATA ゲーミングモニター 23.8インチ GigaCrysta EX-LDGCQ241DB

画面のサイズ:23.8インチ
最大解像度:QHD Wide 1440p(2560×1440)
※ちなみにフルHDの解像度が1920×1080です
縦横比:16:9
パネル方式:ADSパネル/非光沢
応答速度:最大5ms[GTG]
※RPG向きといえるかもしれません
輝度:300 cd/m2
スピーカー:2.0W+2.0W
ピボット機能:あり


【Amazon.co.jp限定】ASUSゲーミングモニター 24.5インチ VG258QR-J 

画面のサイズ:24.5インチ
最大解像度:1920x1080(フルHD)
パネル方式:TN 非光沢
応答速度:0.5msの応答速度
輝度:400 cd/m2
スピーカー:2W+2W (ステレオ)
ピボット機能:あり


ASUSゲーミングモニター 27インチ VG279Q

画面のサイズ:27インチ
最大解像度:1920x1080 フルHD
パネル方式:IPS 非光沢
応答速度:3ms(GtoG)、1ms(MPRT)
輝度:400 cd/m2
スピーカー:ステレオスピーカー(2W+2W)
ピボット機能:あり

メーカー公式サイト
https://www.asus.com/jp/Monitors/VG279Q/


ASUS TUF Gaming ゲーミングモニター VG279QM 27インチ 

画面のサイズ:27インチ
最大解像度:1920x1080 フルHD
パネル方式:IPS 非光沢
応答速度:最大1ms(グレー→グレー)
輝度:400 cd/m2
スピーカー:ステレオスピーカー(2W+2W)
ピボット機能:あり

備考:上記のVG279Qの新しいモデルです。


LG ゲーミングモニター ディスプレイ 32GK850F-B 31.5インチ

画面のサイズ:31.5インチ
最大解像度:WQHD(2560x1440)
パネル方式:VA 非光沢
応答速度:5ms(GtoG High)
輝度:400 cd/m2
スピーカー:なし
ピボット機能:あり
備考:HDR


補足紹介商品!

商品名には、ビジネスモニターとありますが、応答速度が1msなのでゲーミングモニターにも使えるのではないかと思い、今回紹介しました。

また、面白いことに、購入者の方のレビューを見ると箱にゲーミングディスプレイと書かれていたという報告がありました。

さらに、製造メーカーであるASUSの公式サイトを見ると、公式サイトにもゲーミングモニターと記載されています。

とにかく、お買い得な商品を探している方で、応答速度が速くて、ピボット機能が付いたモニターを探している方には、お買い得品かもしれません。
そのため、追加で紹介しました。

ASUS ビジネスモニター 24インチ VP248QGL

画面のサイズ:24インチ
最大解像度:1,920 ×1,080 (フルHD)
パネル方式:TN
応答速度:1ms(グレー→グレー)
輝度:250 cd/m2
スピーカー:1.5W+1.5W
ピボット機能:あり

下記の公式サイトでは、ゲーミングモニターとして記載されています。

一応、念のために、品番もご確認ください。

ASUS公式サイト
https://www.asus.com/jp/Monitors/VP248QGL/


ちなみにモニターについてですが以下のようになります

モニターのブランド名 本社のある国名
I-O DATA(アイ・オー・データ) 日本
マウスコンピューター(iiyama イーヤマ) 日本
EIZO(えいぞー) 日本
Green House(グリーンハウス) 日本
JAPANNEXT(ジャパンネクスト) 日本
BenQ(ベンキュー) 台湾
ASUS(エイスース):ASUSTeK 台湾
Acer(エイサー) 台湾
Dell(デル) アメリカ
hp(ヒューレット・パッカード) アメリカ
LG(エルジー) 韓国
Philips(フィリップス) オランダ

※本社のある国と工場のある国(実際に製造している国)は、一致しない場合があります。

ピボットに対応する別売りスタンド・アーム

自分のパソコンで画面を縦表示にすることは、可能の場合

(グラフィックボード搭載PCまたは、マザーボードのグラフィック機能が回転に対応している)

しかし、モニターが物理的に縦に回転しないという場合は、別売りの回転スタンドを

購入することでPCのモニターを縦向きにすることができます。

※すべてのモニターが、取り付け可能ではありません。

スタンドやアームに対応していないモニターもあります。

事前に必ず、確認してください

スタンドタイプ

Amazonベーシック モニタースタンド LCD 高さ調節

この章の文章は、主に、OSが古いパソコン用のためのものです。

具体的には、Windows7より古いOSを使用したPC向けです。
 人によっては、私もそうですが、古いPCをネットに接続しないで利用することもありえます。そういう場合のための方法です。

先ほども触れましたが、パソコン本体側で画面を縦に回転することができない場合は、

デスクトップパソコンの場合は、グラフィックボードを購入して取りつけてやることで

表示を縦に回転させることができる可能性が高いです。

恐らく、最近のグラフィックボードならほぼ対応していると思います。

ちなみに私のグラフィックボードは、7年くらい前の安物の製品ですが、

問題なく画面の表示を縦に回転することができます。

詳しくは、販売店やメーカーに問い合わせるといいと思います。

グラフィックボードを購入して、パソコン側で表示を縦に回転できるようになれば、

ピボット機能付のモニターを購入することで、問題なく

物理的に画面を縦にして、表示できるはずです。

また、上で紹介しているスタンドやアームを購入しても

モニターが物理的に縦に回転できるようになり、

かつ画面の表示も縦にすることが可能です。

※お持ちのモニターがスタンドやアームの取り付け条件に適合している場合に限ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする