天窓のメリットとデメリットは?私の感想

私は、天窓のある家に住んでいますが、実際に暮らしてみた感想について

少しばかり、忌憚のない素直な印象について書いてみたいと思います。

私の家は、正確に言うと、三角屋根についている天窓です。

窓は、横にスライドさせて開くタイプではなく、取っ手を手前に引っ張って開けるタイプになります。

まあ、かなり古い中古住宅ですが・・・(笑)

※ここで書いていることは、あくまでも個人的な感想ですので、人によっては違う場合もあります。しかし、少しばかりは、参考になると思います。

天窓のメリット

解放感!

気分的にも開放感がありますが、そこだけ外に飛び出した形状になっているので、物理的にも室内では、その分、広く感じます。

明るい!

これは、普通の窓に比べて日差しが差し込む量が多いからだと思います。

天井に着いているタイプだとかなり明るく感じると思います。

見た目が、外から見ても室内からでもオシャレ!

やはり普通の住宅と違った形状なので日本の建物よりも、西洋的?北欧風的?な

感じがして洒落ていると思います。

完全に天井についている天窓タイプは、夜、星がきれい!?

私の家は、三角屋根についている天窓なので、天井タイプほどでは、ありませんが、

それでも夜は、ある程度、月や星を眺めることができます。

防音性が高い!

天窓の場合、ほとんどの場合、普通の窓に比べて厚みがありますので、

窓を閉めると、普通の窓に比べて防音性が高く静かです。

上記が、実際に住んでみて感じたメリットです。

では、次は、デメリットに感じる部分についてお話しします。

天窓のデメリット?

網戸が付けにくい

私の家の天窓では、基本的に網戸の取りつけは、無理のようです。

網戸が付けられないと、明かりをつけたまま窓を開けると、夏などは、虫が入ってきますので注意が必要です。

私は、もう一つの窓を開けて(網戸有り)部屋のドアを少し開けて、

部屋の外についている窓を開けて(網戸有り)風通しをよくしています。

※私の家の場合は、カーテンに関しては、ロールスクリーンタイプのものが付いていました。

雨音がうるさい!

これは、どうしても構造的にしょうがないと思います。

普通の窓と違って、天窓の場合は、雨が、ほぼ垂直に、直接窓に当たります。

直接、窓に、雨が当たりますので当然、普通の窓に比べて雨音が、うるさく感じます。

この「うるささ」は、難しいもので、人によっては、問題ない人もいるでしょうし、神経質な人は、とてもうるさく感じる場合があります。人によって感じ方に差があるでしょう。

私の場合は、普通の小雨程度なら何の問題もありませんが、土砂降りクラスの豪雨になるとさすがに、うるさくて、眠れないこともあります。

雪が降ると窓に雪が積もり部屋が暗くなる!

雪が降らない地域、または、降ってもすぐに雪が解ける暖かい地域などは、

当てはまらないと思いますが・・・

北海道や東北地方など、冬に雪が、たくさん降る地域では、天窓に雪が積もって、その雪が日差しを遮ってしまうので、部屋がかなり暗くなってしまう場合があります。

特に、完全に天井に天窓がついているタイプの家では、積もった雪が、落ちにくいので、

さらに部屋が暗くなる可能性があります。

まあ、現在では、そのために、他にも複数の窓があり、

その対策は、ある程度とられていると思いますが。

私の家は、天窓1つと普通の窓が1つ、部屋に合計2つしか窓がありませんので

雪が降るとどうしても薄暗くなりまね(^_^.)

天窓をバンバンと開け閉めして、雪を払い落とすのですが、何度、払い落としても、屋根から次々に、雪がずり落ちてきます。

長年住んでいますので、もう、雪の積もった日は、部屋が薄暗いのに慣れました(笑)

しかし、この点については、不便さを感じています。

最終的には

やはり、自分の好みだと思います。

リフォームを予定される方や、新しく住宅を購入しようとしている方は、

モデルルーム等で、充分に検討される方がいいと思います。

特に、雪の降る地域では、充分検討された方がいいと思います。

さきほども、少し触れましたが、実際に住む人が、気にならないか?気になるか?それは、人によって感じ方が違うからです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする