パソコンの起動が遅い、動作が重いときの対処方法!

何年もパソコンを使用してるとパソコンが重くなったり、起動が遅くなったり
そういう経験が何度もあります。多分、みなさんもそうでしょう。

パソコンの起動が遅くなったり動作が重くなったりする場合
私の経験上、まず大まかに2つのタイプに分かれます。

●A、最近、急に動作が重くなったり起動が遅くなった。
    つい数日前までは、正常だったのに、急に調子が悪くなった場合

●B、段々、動作が重くなり、気づくとストレスがたまるほど、
    起動が遅くなってきた。

パソコンの調子が悪くなる場合のほとんどがAでは、ないでしょうか?
また対処に困る(難しい)場合もAのケースが多いと思います。

●Bの場合は、パソコンを長年利用してきてスペックに限界が来た。
パソコン自体が古くなった。または、ハードディスクの寿命、
しばらくデフラグ、スキャンディスクをしていない、常駐ソフトが多くなった。
長年PCを利用してきてたくさんのソフトをインストールしたり、アンインストールした
ことが、原因になっている場合があります。

まずは、いつからパソコンの調子が悪くなったか考えてみましょう!
それにより不具合解消の手だてが見えてきます。

※一応、ここからの作業は、自己責任でお願いします!

周辺機器をとりはずしてみる

パソコンにUSBで接続していて最近、接続したものを取り外して起動してみると起動時間が、元に戻る可能性があります。

USBメモリ、ゲームコントローラなど

これが一番簡単に試せる方法ではないでしょうか?

ディスクのエラーチェックを行う

パソコンの動作がおかしいときに、効果がある場合があります。長くPCを使っているとハードディスクドライブに知らないうちにエラーが発生している場合があります。

winodows7の場合

1、マイコンピュータをダブルクリック

2、ハードディスクが表示されるので、ローカルディスク(C)のアイコンの上で右クリック

3、プロパティをクリック

4、上のタブは、初期設定では、 全般 になっていますが、これをツールをクリックして切り替えます。

5、エラーチェックの チェックする をクリック

6、ディスクのチェック画面が表示されるので 開始 をクリック

※初期設定では、上の ファイルシステムエラーを自動的に修復する にしかチェックが入っていません。より正確にチェックしたい場合は、下の項目もチェックしたほうがいいですが
下の項目にチェックを入れるとかなり長い時間がかかりますので注意してください。
また、この項目にチェックを入れるとエラーチェックするには、再起動しないとできません。

最近行っていませんが、不良セクタをスキャンし、回復するにチェック入れてエラーチェックすると1時間~2時間くらいは、かかるのではないでしょうか。

最近、インストールしたソフトを思い出してみましょう

何か、最近、インストールしたソフトはないでしょうか?
あれば、パソコンの動きがおかしくなる前にインストールしたソフトを書き出してみます。

そしてそれをひとつずつ削除してみます。それで様子を見てはどうでしょうか?

パソコンの環境は、人それぞれです。
他の人は、なんでもないのに、自分だけが、あるソフトをインストールすると
急に動作が遅くなったり、おかしくなったりする場合があります。

それは、人によってPCにインストールしているソフトに違いがあるからです。
頻繁ではありませんが、相性の悪いソフトも存在します。

このやり方は
急に動作が遅くなったり、起動が遅くなった場合に効果が高い可能性があります!

これで不具合が、なおる場合も多いと思います。

私の場合、海外のフリーソフトをインストールしておかしくなったことが何度かあります。

 

windowsアップデートが確実に行われているか確認する

windows7では、アップデートの項目があると起動中に自動的にインストールのスタンバイ状態になります。(推奨である初期設定の場合)

シャットダウンするときに、更新中ですというようなメッセージを見たことがあると思います。このwindowsのアップデートが行われていないと不具合が起きて動作が遅くなる場合もあります。

調べるには

IE(インターネットエクスプローラー)を起動して

ツール→windows update をクリック

すると重要な更新プログラムがあるかの確認がはじまります。

そして、利用できる重要な更新プログラムはありません と表示されれば問題ありません!
もし、利用できる重要な更新プログラムが表示されていれば、インストールしてみます。
それで不具合が解消されないかチェックしてみてください。

また、○個のオプションの更新プログラムが利用可能です と表示されている場合は
その中で自分のパソコンに必要な更新プログラムをインストールすると不具合が直ることがあります。

ただ、私の経験上、上記のようにちゃんと定期的にアップデートが行われていて
重要な更新プログラムが無い場合は
アップデートプログラムが不具合の要因である可能性は低いと思います!

ただ、昔、インストールしたゲームに NET framework が必要で
利用できるオプションプログラムからNET frameworkの新しい修正パッチをインストールしたら不具合が直った経験はあります。

windowsアップデートが進まない場合

windows update をクリックしても確認の場面から
1時間くらい待っても、
画面が依然として確認のままだと
windows updateが、正常に行われていない可能性が高いです。

この場合は、まず、windowsアップデートが正常に行われるようにしないといけません。

私事ですが、つい一ヶ月ほど前、なにかパソコンの調子がおかしいと思い
調べてみると上記のようにwindowsアップデートの確認の画面から一向に進みませんでした。

アップデートの履歴を確認すると、なんと2ヶ月もアップデートされていませんでした(-_-;)
そしてセキュリティソフトでスキャンしてみるとウィルスが7つ見つかりました(-_-;)

windowsアップデートが正常に行われていないとセキュリティーが手薄になりますので
このような事態になることがあります。

windowsアップデートが進まない、windowsアップデートができないときの解決方法は
いくつかありますが

まず、windows updateの更新履歴を確認してみましょう!

アップデートの画面を開いて下の画面の赤枠で囲んだ場所をクリックすると

更新履歴を見ることができます(どちらをクリックしても表示されます)

※クリックすると拡大されます

最後に更新プログラムがインストールされたのが、つい数日前ならそのまま少し様子をみると
windowsアップデートの不具合が自然に解消される場合があります。

しかし私のように2ヶ月という長い期間アップデートされていないと
直ちに、この不具合を解決したほうがよいでしょう。

私の経験では、この症状は、今まで3度有り、その全てが、KB○○○○という
更新プログラムを手動でインストールすることで解決できました。

しかしここでその更新プログラムの品番を書くことはできません。
というのも、このサイトを訪れた西暦、日付によって品番?が違うからです。

なので、アップデートが進まない場合は、

「windows アップデート 進まない」

「windows アップデートができない」

などで検索して
見つけたサイトの記事が新しいもの(自分が見ているときの日付に近いもの)
を見て解決方法を探します。

だいたいのサイトでは、更新プログラム
KB○○○のインストール先を教えてくれているはずです。

※あたりまえですが、自分のOS ビット数に適応したものでないといけません。

その更新プログラムをマイクロソフトのサイトからダウンロードしたら
インストールしてwindows update ができるようになるか確認してください

この際、不思議なのですが、インターネットに接続した状態だと
ダウンロードした更新プログラムがうまくインストールできない場合があります。
その際は、一度再起動して、今度は、ネットに接続していない状態でKB○○○という
更新プログラムを実行するとうまくインストールできる場合があります。

複数のパソコンを所有している場合!

また、同じOSのパソコンを2台以上持っている方は、他のパソコンでもアップデートが正常に行われているか確認して、もし片方のパソコンが正常にアップデートできているなら
そのパソコンのwindowsアップデートの更新プログラムの履歴とアップデートができないパソコンの更新プログラムの履歴を比較して、どの品番の更新プログラムKB○○○がインストールされていないかを調べることもできます。

※もし長い期間windowsアップデートされていないことがわかったら
速やかにウイルスのチェック、駆除を行った方がよいと思います。

セキュリティソフトでウイルススキャンをする

ウイルスに感染してパソコンに不具合が起こる可能性もあります。

なので念のためにセキュリティソフトでウイルススキャンをしてウイルスが見つかったら直ちに駆除しましょう。それでパソコンの不具合が解決する場合があります。

またセキュリティソフトでウイルススキャンする前に、ブラウザのキャッシュを掃除して削除したほうがいいと思います。

面倒な人には、フリーソフトでCCleaner(Cクリーナー)というソフトがありますのでそちらを使うと便利かもしれません。バージョンは若干古くなるかもしれませんが、日本語版を使ったほうがわかりやすいでしょう。

CCleaner(Cクリーナー)について

今は寄付歓迎ソフトになっていますが、文字通り寄付を歓迎するソフトで基本的に全ての機能を無料で使えるはずです。

機能には

●ブラウザのキャッシュを削除するクリーナー機能

●レジストリのクリーナー機能(バックアップ機能付)

などがあります。

注意点としては、
ブラウザから(IEやグーグルクロームなど)を使って会員登録しているサイトをお持ちの方は、クリーナー機能を使う際に
クッキー、入力したパスやアドレス、ファームなどの入力履歴、保存されたパスワードなどの削除にチェックを入れてクリーナー機能を使うと会員登録しているサイトにログインする際、パスワードなどを入力しないといけなくなる場合があります。

システムの復元を使ってみる

それでも、なおらない場合は、システムの復元を使ってみるのもよい方法だと思います。

私の使っているパソコンがwindows7 64bitなので

windows7のシステムの復元の方法を簡単に説明します!
(私は、あえて、windows10には、アップグレードしませんでした)

1、スタートボタンをクリックします(タスクトレーの一番左下にある丸いアイコンです)

2、すべてのプログラム をクリック

3、その中から アクセサリ を探してクリック

4、システムツール をクリック

5、システムの復元 をクリック

6、システム ファイルと設定と復元 の画面が表示されるので 次へ をクリック

7、戻したい日付をクリックして青く表示させて 次へ をクリック

8、完了をクリック

以上が、最近、急にパソコンの調子が悪くなって、動作が不安定になった
パソコンの起動が遅くなった、パソコンの動作が遅くなったときに有効な解決方法だと思います。

●以下からは、急にパソコンが遅くなったというよりも段々パソコンの動作が重くなった場合に有効な解決方法です!
もちろん、最近、急にパソコンが遅くなってきた場合にも効果がある可能性があります。

使わない常駐ソフトを停止させる

非常に一般的な方法です。しかし若干ですが、確実に起動時間は速くなり
動作もわずかですが速くなる可能性があります。

windows7での常駐ソフトの停止方法!

1、スタートボタン をクリック

2、プログラムとファイルの検索 という検索欄が一番下にありますので
そこに msconfig  と入力

3、msconfig という文字が一番上に表示されるのでそれをクリック

4、システム構成 の画面が表示されるので スタートアップのタブに切り替えます

ちなみにデフォルト(初期設定では、全般 になっています)

5、停止させたいスタートアップ項目のチェックをはずして 適用 をクリック

6、OKをクリック

再起動すると さきほどチェックのはずした常駐ソフトは、停止しています。

ディスクのクリーンアップを行ってみる

長くパソコンを使っていると必要の無いファイルがどんどん貯まっていきます。

最近のパソコンであれば、大容量で、CPUの性能も高いので、正直、そのままにしておいても問題ないと思いますが、スペックの低いパソコンや古いパソコンだと定期的にクリーンアップしたほうが容量を確保できたり、動作が軽くなる場合があります。

windows7の場合のディスクのクリーンアップの方法

1、マイコンピュータをダブルクリック

2、ハードディスクが表示されるので、ローカルディスク(C)のアイコンの上で右クリック

3、プロパティをクリック

4、ディスクのクリーンアップをクリック

※さらにクリーンアップしてハードディスクの容量を確保したい方は、上記の4番でディスクのクリーンアップをクリックした後に下の方にある システムファイルのクリーンアップをクリックしてクリーンアップを実行するとかなりの空き領域を確保することができます。

しかし、システムファイルのクリーンアップを行うと終了まで長い時間がかかる恐れがあるので注意してください。私は、だいたい1時間近くかかりました。

デフラグを行う

これも最近のパソコンだと放っておいてもいいレベルだと思いますが
やはり、スペックの低いパソコンや古いパソコンの場合、ある程度の効果が見込めます。

windows7の場合

1、マイコンピュータをクリック

2、ハードディスクが表示されるので、ローカルディスク(C)のアイコンの上で右クリック

3、プロパティをクリック

4、開いた画面の上のタブを全般からツールに切り替える

5、最適化するをクリック

最適化したいディスクを選んでクリックして青色にします。
ディスクの分析をクリックして終了したら、ディスクの最適化をクリック

※これもかなりの時間がかかります。基本的にハードディスクの容量が大きければ大きいほど
時間がかかります。ハードディスクの容量にもよりますが、2時間前後はかかるかもしれません。

デフラグが出来ない、一向に進まない場合!

●ノートパソコンの場合、メーカーによっては、デフラグを実行している最中にパソコンを閉じるとそこでデフラグが中断する場合があります。
私も苦い思い出があります(笑)
ノートパソコンの場合は、液晶を閉じないで、そのままにしてデフラグを実行したほうがよいかもしれません。

●また使用しているセキュリティソフトによっては、デフラグを実行しても進まない場合があります。その場合は、一時的にセキュリティソフトをオフにしないとデフラグできない場合があります。デフラグが終了したらかならずセキュリティソフトをオンにすることを忘れずに

レジストリのクリーンアップを行ってみる

上で説明したCクリーナーなどのソフトでレジストリのクリーンアップをすることができます。

これも最近のパソコンなら無視してもよいぐらいだと思います。
しかし古いパソコンの場合は、効果がある可能性があります。

パソコンの起動時間が速くなったり、遅くなったりする場合~私の経験談

少し前、私のノートパソコンで不思議な現象が起きました(笑)

それは、タイトルどおり
パソコンの起動時間が、遅くなったり、速くなったり(正常)するようになったのです。
色々な方法を試しましたが、一向に改善されません
今まで何度かそういう現象を経験しました。

 

windows7 64bit のパソコンで 正常時は、起動時間 約1分30秒
しかし遅いときは、起動時間 約3分半~4分になります。これがランダムで起こるのです。

しかし、やっと原因がわかりました。
何の気なしに、マウスをUSBから抜いて起動すると、いつ起動しても問題なく起動できるようになりました。

本当は、無線マウスが標準で付いてきたのですが、私は、あまり無線マウスが好きではないため。古いノートパソコンの有線のマウスをずっと使っていたのです(9年ほど使用したマウス)

古いマウスのため、マウスのUSBの接触が悪くなったのか?マウスのコードが断線気味だったようです。新しいマウスに取り替えると何の問題も無く起動できるようになりました。

また、その前にもノートパソコンで同じ症状が出たことがあります
そのときの原因は、ネットに接続するためのLANケーブルでした。
LANケーブルをはずして起動すると起動が非常に速いのですが、LANケーブルを差し込んで起動するとPCの起動に4分近くかかりました。この現象はしばらく続きました。
未だに、なぜなのか、原因は不明です(笑)デスクトップパソコンでも試しましたが、そちらは何の問題もありませんでした。
その後、いつの間にか、LANケーブルを接続しても正常に起動できるように戻っていました。

パソコンの環境は、人それぞれなので、何が原因でパソコンに不具合が起きるか、本当にわからないですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする